はるひ野 金曜日 寒すぎる梅雨の雨

■低学年
1/3のコートで3vs3でゲームを。
こういうゲームをすると
とにかく、遠目からでもシュートを打ちまくる選手。

前に人が立っていようがお構いなし。
サッカーは人とやっています。

シュートを打とうとすると
シュートを防いでやろうとする選手がいます。

ドリブルしようとすると
ドリブルさせないようにする選手がいます。

邪魔をしてくる選手をだましたり、惑わせたりしないと
ドリブルで抜けないし、シュートは入りません。
人を見ていないから抜けないし、シュートは入りません。

仮に抜けたとしても
仮にシュートが入ったとしても
狙ったわけではないので
次にまた同じような状況が来ても再現できません。

おそらく、また、お構いなしでシュートを打ちます。

大人が立っていても
ドリブルで抜けるし、シュートは入ります。

今日のゲームでも、ドリブルで抜けたでしょうし
シュートも入れれたと思います。

どういう時だったでしょうか?

バンバン打つシュートが、ドリブルで抜くための布石だとしたら脱帽ですけど・・・。


バディ トレイナール はるひ野 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

横浜国際 木曜日 パスをつなぎながら前進すること

■低学年
技術の差、意識の差、感覚の差。
チームを寄せてあげれば
ある程度、パスを繋ぎながら、前進し
コーチを外してシュートを決めることが何回かは観れました。

均等に分けてゲームをすると再現されないので

技術の差、意識の差、感覚の差。

いきなり、技術の差を埋めることは難しいですが
意識の差は今日からでも簡単に埋めれます。

切り替えを速くする。
フォローを速くする。

相手はどうやってボールをとられないようにしているのか?
パスを繋ぐためにどう動いているのか?

目的はゴールを決めること。
自分のやりたいことだけをしていてはゴールは決めれません。

ゴール前にボールを運んでチャンスを増やすこと。
簡単にボールを失っていたら、ゴール前にボールは運べません。

技術を上げるために
日々コツコツ積み上げて欲しいと思います。


バディ トレイナール 横浜国際 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

青葉 水曜日 前プレを回避して前進する

■低学年
コートが狭く、人数が多いので
ボールを抱えると、相手に寄せられて
やることがなくなります。
一人交わせたとしても、次々に相手が来ます。

GKからのリスタート
GKからサイドの選手にパスを出したら
パスを出した選手と、真ん中の選手が次のパスコースを作ってあげない限り
そのサイドへのパスを出したら
相手に寄せられて、身動きが取れなくなります。

8人制のゲームであれば
ボールを受けてからでも、相手が寄せてくるまで
ある程度の余裕があり
状況を確認することができるかもしれませんが
スクールのゲームではできません。

確認しやすい体の向きで
ボールを持っている選手の体の向きから
パスコースやドリブルコースを相手との距離から
味方が何をするのか予測すること。

誰よりも速く動き出すこと。

足が遅い、体が小さいは同じ場所からの
ヨーイドンの世界では厳しいですが
サッカーは先に動けますし
ポジションで先に前に出れます。

意識を切らず、プレーを続けてほしいと思います。


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

} catch(err) {}