青葉 水曜日 ボールを持っていない選手

■低学年
サッカーはチームスポーツであるということ。

ボールを持っている選手
ボールを持っていない選手

ボールを持っている選手の選択肢を増やすために
ボールを持っていない選手が
ボールをよりいい位置で受けれるように動く。

例えば、真ん中でボールを受けた選手より
前に走り出して、ボールを受けようとすれば
よりゴールに近いところで受けようとしているので
パスをさせたくない選手が
動き出した選手についていき
スペースが生まれて、ドリブルができる。

パスを出したあと、開いてリターンを受けようとすれば
間が空いてパスコースが生まれる。

ボールを持っている選手が
やることがなくなってしまうのは
ボールを持っている選手のせいだけではありません。
ボールを持っていない選手も
パスコースをつくるために動き出して欲しいと思います。

難しいことは考えず、もっと動きましょう。
というお話でした。


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

青葉 月曜日 まずはボールを失わない

■低学年
ボールを失わないようにする。
ボールを運ぶ際に、ボールを失わないようにする。

スペースへボールを運ぶ。

そのためにも、ボールを持って顔を上げれるようにすること。
ボールを受ける前に周りを見ておくこと。
ボールが動いたら、状況が変わるのでまた見ておくこと。

相手選手に突っ込んでいくプレーを止めていきましょう。

サッカーはひとりでやっているわけではありません。
突っ込んでいってボールを失うと
チームでまたボールを奪い返さないと
ゴールに向かえません。

突っ込まないでボールを失わないようにするには
技術的なことももちろんそうですが
スペースにボールを運ぶこと。
そのためにまずはボールを受ける前に
ボールを受けてから、見て判断すること。

まずはここからです。


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

はるひ野 金曜日 顔を上げる

treinar0001.jpg

■高学年
パス練習を各種してからゲームしました。

顔を上げて状況を確認する。
ボールを受ける前、受けた後
顔を上げて、パスを通す味方だけでなく
パスカットを狙っている相手選手
パスを通す味方選手についている選手を見て
どういうパスを通すのがいいのか?
パスをするタイミング、距離感、強さや、ダイレクトが通る通らない
そのあたりの判断をして欲しいと思います。

パスを受けるときの体の向き、視野の確保
ツータッチなのか?ダイレクトなのか?

相手選手との距離、寄せの強度
相手選手の位置関係からパスコースを見つけること。

がんばっていきましょう。


バディ トレイナール はるひ野 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

} catch(err) {}