はるひ野 金曜日 ゲームの意識をもってトレーニングすること

いろんな選手がいます。

縦パスを入れるためのズレをつくるためのパス交換
サイドの選手の体の向き
縦パスが入った後のフォローの動き
縦パスが入った後のディフェンスのプレスバック

このあたりを意識しながらトレーニングしました。

グリッドの制限や、タッチの制限がかかっているので
条件をかんがみて、どうすることが有効なのかを
プレーしながら気づいていける選手が賢い選手。

もちろん、言われてできるのも選手としてはいいですが
状況に応じて、判断やプレーを変えれる選手がいい選手なので
やりながら、こういうことでしょと
気づいて、プレーを変えていける選手になってほしいと思います。

練習をするのにも
最低限の止める蹴るが必要です。
自分の足なのでボールを触ってもらうしかありません。

不足しているのであれば、触る時間をもっと増やして欲しいと思います。


バディ トレイナール はるひ野 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

横浜国際 木曜日 ゲームをすること

■低学年
自分の体の大きさやスピードを使ってゴリゴリするプレーは
自分より、体が大きく、スピードがある選手がいたらできなくなります。

ただ、ボールを触らせないように
ドリブルで運んだり、パスをつないでいくプレーは
体の大きさやスピードは関係なく
技術と判断の問題なので、極論としては
誰が相手でもプレーができます。

能力に任せてプレーをすることもいいでしょう。
でも、確実に上手い選手に勝てなくなります。

能力は生まれ持ったものも多いでしょう。
でも、技術は足でやるスポーツなので後天的なものです。

最初から自由にボールを扱える選手はいないでしょうし
人との対戦経験のない選手は相手の動きの予測は難しいはずです。

実際にゲームでは
相手はボールをとって、ゴールしようとし
ボールを持っている選手はボールを奪われないように
ゴールをしようとします。

そして、サッカーは個人スポーツではありません。

コートが狭いので、ゴリゴリしたほうがゴールしやすいのかもしれません。
でも、そのプレーを続けている選手は
いつ上手くなるんでしょうか?
技術をつけないとサッカーはできなくなります。

そこに早く気づいて欲しいと思います。
低学年だけではなく、高学年にも同じことが言えます。


バディ トレイナール 横浜国際 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

青葉 水曜日 パスしたあとの動き出し

■低学年
GKからのリスタート。
バックラインの横パスは
前からのプレスを受けていくと
次のプレスもかけられやすく
前へ出す出口がなくなってしまいます。

使いたいスペースは
味方がパスが出せる状況になる直前まで
開けておいて、パスが出るタイミングで
ぱっと動きスペースで受ける。

すると、相手が方向をつけてボールを取りに来るので
その逆を、取りに来なければ、落ち着いてボールを納めて
前を向いてプレーできます。

途中で話しましたが
縦パスを入れた後の動き出し。
パスを出した選手も
パスが来ていない選手も
次のパスコースのために動き出して欲しいと思います。


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

} catch(err) {}