FC2ブログ

青葉 水曜日 ボールを持っていない選手

■低学年
サッカーはチームスポーツであるということ。

ボールを持っている選手
ボールを持っていない選手

ボールを持っている選手の選択肢を増やすために
ボールを持っていない選手が
ボールをよりいい位置で受けれるように動く。

例えば、真ん中でボールを受けた選手より
前に走り出して、ボールを受けようとすれば
よりゴールに近いところで受けようとしているので
パスをさせたくない選手が
動き出した選手についていき
スペースが生まれて、ドリブルができる。

パスを出したあと、開いてリターンを受けようとすれば
間が空いてパスコースが生まれる。

ボールを持っている選手が
やることがなくなってしまうのは
ボールを持っている選手のせいだけではありません。
ボールを持っていない選手も
パスコースをつくるために動き出して欲しいと思います。

難しいことは考えず、もっと動きましょう。
というお話でした。


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール
関連記事

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

} catch(err) {}