はるひ野 金曜日 見て判断する

■高学年
見て判断する。認知の部分。
攻守の切り替え。
抜くドリブルをどこで使うのが有効なのか?
場所、状況による運ぶ、抜くドリブルの選択。

このあたりを意識しながらトレーニングしました。

まずは、攻撃と守備はつながっているということ。
攻撃をしているときにボールをロストした瞬間から
守備を始めなくてはいけません。
ボールを奪われた時は、ボールを奪った選手は
ボールを奪った瞬間から、相手が来ることを意識して欲しいと思います。

ドリブルのトレーニング。
ゴール前では相手を抜いてシュートを打つためにドリブル。
ボールを運んでいるときは、自分からスピードを上げて
相手に突っ込んでいかない、運ぶドリブル。
もちろん、ドリブルだけでなく、スペースにドリブルして
相手を動かして、パスコースをつくる。
相手を引き出して、裏のスペースを作ったり
前の選手の1vs1をしやすくしたりして欲しいと思います。


バディ トレイナール はるひ野 サッカースクール
関連記事

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

} catch(err) {}