はるひ野 金曜日 ゲームの意識をもってトレーニングすること

いろんな選手がいます。

縦パスを入れるためのズレをつくるためのパス交換
サイドの選手の体の向き
縦パスが入った後のフォローの動き
縦パスが入った後のディフェンスのプレスバック

このあたりを意識しながらトレーニングしました。

グリッドの制限や、タッチの制限がかかっているので
条件をかんがみて、どうすることが有効なのかを
プレーしながら気づいていける選手が賢い選手。

もちろん、言われてできるのも選手としてはいいですが
状況に応じて、判断やプレーを変えれる選手がいい選手なので
やりながら、こういうことでしょと
気づいて、プレーを変えていける選手になってほしいと思います。

練習をするのにも
最低限の止める蹴るが必要です。
自分の足なのでボールを触ってもらうしかありません。

不足しているのであれば、触る時間をもっと増やして欲しいと思います。


バディ トレイナール はるひ野 サッカースクール

関連記事

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

} catch(err) {}