横浜国際 木曜日 ゲームをすること

■低学年
自分の体の大きさやスピードを使ってゴリゴリするプレーは
自分より、体が大きく、スピードがある選手がいたらできなくなります。

ただ、ボールを触らせないように
ドリブルで運んだり、パスをつないでいくプレーは
体の大きさやスピードは関係なく
技術と判断の問題なので、極論としては
誰が相手でもプレーができます。

能力に任せてプレーをすることもいいでしょう。
でも、確実に上手い選手に勝てなくなります。

能力は生まれ持ったものも多いでしょう。
でも、技術は足でやるスポーツなので後天的なものです。

最初から自由にボールを扱える選手はいないでしょうし
人との対戦経験のない選手は相手の動きの予測は難しいはずです。

実際にゲームでは
相手はボールをとって、ゴールしようとし
ボールを持っている選手はボールを奪われないように
ゴールをしようとします。

そして、サッカーは個人スポーツではありません。

コートが狭いので、ゴリゴリしたほうがゴールしやすいのかもしれません。
でも、そのプレーを続けている選手は
いつ上手くなるんでしょうか?
技術をつけないとサッカーはできなくなります。

そこに早く気づいて欲しいと思います。
低学年だけではなく、高学年にも同じことが言えます。


バディ トレイナール 横浜国際 サッカースクール
関連記事

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

} catch(err) {}