青葉 水曜日 数的優位の状況把握

体験があり、バタバタしました。
申し訳ありません。

青葉の水曜日、金曜日の低学年は現在定員のため
新規入会をお受けできません。
青葉月曜日、はるひ野金曜日、横浜国際火曜日、木曜日、金曜日は
空きがありますので、よろしくお願いします。


■高学年
いい位置でのボール奪取から
数的優位のまま攻撃ができる際に
ボールを取られないように運び出して
パス、相手がシュートされるのを嫌がるので
どうしてもシュートコースを切る動きをするので
その逆をを取ってパスして、フリーでシュート。

2vs1の状況を作り出すこと。
1枚剥がしたあと、カバーに来た相手は
自分の見なければいけないマーカーを外して
ボールに寄せてきているのを見れていれば
ボールを持っていない味方が
どこに動けばボールが出てくるのか?
ボールが通って、シュートコースじゃない
また、マーカーが見えないところに立てれば
パスが来て、余裕でシュートできます。

実際はオフサイドが絡んでくるので
もう少し難しくなると思いますが・・・

シュートが打てる状況というのは
守備側はシュートをされることが一番嫌なわけで
それをおとりにすれば、さらに優位な状況に持っていける。

6年のこの時期くらいまで
スクールに通ってもらえれば
大方の選手はコートが狭いコートで
ある程度のプレッシャーがかかった中でも
この判断ができ、プレーが実行できるようになってきます。
ここからサッカーが楽しくなってきます。

是非とも辞めずに最後まで続けて欲しいと思います。


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール
関連記事

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

} catch(err) {}