はるひ野 金曜日 上手くなるために

雨凄かったですね。
高学年の始まりの時間がピークでした。
風邪ひかないように。


■低学年
来たボールだけしかプレーしないと
ボールに絡むチャンスは減り
プレーする時間は少なくなります。

ボールが来てシュートしか打たないと
すぐ相手ボールになってディフェンスしなくてはいけなくなります。

ボールを失わないプレーは他にありませんか?
上手い選手はどうやってプレーしていましたか?

そのあたりに気づいてやり方を変えていくことだと思います。


■高学年
低学年の選手が一番ボールに行っている状況。
高学年の選手はどう思っているのしょうか?
どうやったらボールに絡めるのか?
マークしている相手を外してボールを受けることができるのか?

狭くしたコートで5vs5。
低学年と一緒で状況に応じてプレーは変えなくてはいけません。
前で待っていて、来たボールをシュートしているだけで
うまくなるんでしょうか?
どうしたら、ボールをもっと受けれるんでしょうか?
自分よりボールに絡んでいる選手はどうプレーしているんでしょうか?

まず、一生懸命動いてみる。
取れないと思ってもボールを奪いに行ってみる。
受けるために動き出してみる。
これができないと、失敗してみないと何がダメなのかも分かりません。

積極的に参加するためにもっと動いて欲しいと思います。


バディ トレイナール はるひ野 サッカースクール

関連記事

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

} catch(err) {}