横浜国際 木曜日 予測する

秋雨っていうんですかね。
湿度が高い日が続きます。
というかカラッと晴れないですね・・・。

■高学年
判断の質を上げる。
自分がボールをこねると当然相手が取りに来ます。

取りに来ているのか、取りに来ていないのか?
これによってやるプレーが変わります。

当然ですが
1年生が取りに来ているのと
6年生が取りに来ているのではプレーは変わります。

見て判断して欲しいのですが
ボールが来てからでは遅いです。

ボールが来る前に
自分がここでパスを受けると
周りの誰がボールを取りに来るのか?
どの程度のスピードで取りに来るのか?
どの角度から足が出てくるのか?

このあたりは’予測’して欲しいと思います。

ボールを受けて前を向く時間があるのか?
ワンタッチで離すことはできるのか?

当然ですが
レベルが上がっていけば
プレスのスピードも上がります。

余裕を持ってプレーをしたければ
もらう前に、状況を確認しておくこと。
もらうときにいい準備をしておくこと。

手を出してスペースを確保する。
バックステップで相手との距離をとる。

パスを出す側も、前を向かせたいなら
パスをどちらの足に出したほうがいいのか?
一旦パスを当てて、相手を引き出したいのか?
ワンツーで受けなおしたいのか?

このあたりを意識してプレーの精度をあげていって欲しいと思います。


バディ トレイナール 横浜国際 サッカースクール
関連記事

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

} catch(err) {}