月曜日 青葉 いい練習がしたい!

暖かくなってきました。

■低学年

新年度が始まっています。
現4年生が抜けて、1からやり直しです。

上手かろうが、上手くなかろうが
できることがあります。

「走る」こと。

サッカーは「走る」ことができなかったらできません。

ボールを奪いにいくこと。
ゴールを守るために戻ること。
ゴールを奪うためにゴール前に行くこと。
ボールを受けるために顔を出すこと。

すべて「走る」ことから始まります。

これができないといい練習はできません。

その状況で何ができるのか?

もっと必死に走って欲しいと思います。


■高学年

雨が降り始めた、高学年。

高学年も、もっと厳しくプレスにいって欲しいと思います。
その中で何ができて、何ができないのか?

何回も何回も繰り返していく中で
ミスしているのに同じことを繰り返す。
そういう選手はだいたい
自分のやりたいプレーを繰り返してミスを続ける。

状況に応じてプレーは変わるべき。

コートで4vs4でやるときと、7vs7でやるときは
やり方が変わるはずだし
相手が人数が違うとか
相手のほうが上手いとか上手くないとかでも
やり方は変わるはず。
前に3人いるときと、1人しかいないときは
プレーの選択は違う。

ゴールを奪うために何をすることが必要なのか?
それは、コートの中の状況が見れていないと判断できない。

ボールがないときはもっと周りを見ておけるはず。

でも、ボールがあるときにあわてずに周りを見たいのなら
やっぱり、自分の技術に自信がないと見れない。

練習するしかない。
やるしかない。
プレスは強くかけないと練習にならなくて、上手くならない。

がんばりましょう!


バディ トレイナール サッカースクール
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

} catch(err) {}