FC2ブログ

はるひ野 金曜日 数的優位を取るための運び出し

■高学年
自分が守っているとして
守っていてどうにもならない状況あると思います。
2vs1で攻め込まれてしまったとき
シュートコースを切ったら、もう一人へのパスコースが空いてしまう。
パスコースを切ったら、シュートコースが空いてしまう。

この状況が一番ボールを持っている側がいい状況。

攻撃側が考えなくてはいけないことは
ボールを動かしながらその優位性をどうとるか?

優位性は、数的優位だけではなく
質的優位も存在します。

簡単に話をするならば
ゴール前の1vs1で
小学1年生が立っているのか?
小学6年生が立っているのか?
これだけで、ボールを持っている選手のやれることは大きく変わります。

どれだけ頑張って寄せてもどうにもならない状況を
いかに作り出すのか?

まずは、どうやって2vs1でゴール前に入っていくのか?
そのあたりを、もう少し考えながらプレーしていけるようになると
チャンスの回数はもっと増えていくはずです。


バディ トレイナール はるひ野 サッカースクール
関連記事

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

} catch(err) {}