FC2ブログ

横浜国際 木曜日 簡単にぱっとプレーする感覚

■低学年
パスゲームから。
ボールを保持したがる選手がいますが
相手に取られないでパスをつなぐゲーム。

ダイレクトで離せるなら
簡単にぱッと離す。
そして、また受ける、
まだ通せるなら、すぐ離す。
相手が食いついたら、変える。

外にボールが出て
遠くを見つめて、遠くにパスを通そうとして
何回もボールを中心に体の向きを変え
蹴るまでの動作を繰り返す選手。
体の向いてる方に蹴っ飛ばそうとしているのが
相手にバレてますから、通りません。
近くの味方にぱっとつけて
すぐ受けなおせば、またプレーできます。

蹴れないのに、遠くに蹴ろうとしている時点で判断ミス。
そもそも遠くに浮いた強いパスを蹴ったら
受ける味方はトラップがすごく難しい。

近くの味方にぱっと出す。
そして受けなおすためにぱっと動く。

どっちがボールを失わないでボールに沢山触れるか?
どっちが得か?


バディ トレイナール 横浜国際 サッカースクール
関連記事

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

} catch(err) {}