FC2ブログ

青葉 水曜日 裏に抜ける動きとできたスペースの活用

■低学年
サッカーはチームスポーツです。
ボールを持っている選手はフィールドで一人だけ
それ以外の選手はボールを持たずにプレーしています。

ボールが来たときだけプレーする選手がまだまだいますが
サッカーはボールがないときがほとんどです。
ボールがないときの動きの質で
いい選手か、そうでないのかが分かります。

最終ラインの選手がボールを持って運び出したとき
前線の選手は、相手のDFの裏でパスを受けれるところに
ぱっと動き出して欲しいと思います。
その動きでDFが後ろに下がり
真ん中にスペースができます。
さらにドリブルで運び出しやすくもなりますし
空いたスペースに味方が流れて受けることもできます。

少しずつですがわかりかけている選手もいます。

ボールを動かして、リズムを作ること。
ワンタッチ、ツータッチでボールを動かすのは
味方のフォローを速くします。
ボールを預けるとドリブルをして
こねこねする選手がいた場合
どうせボールがすぐ出てこないし
なんなら、そのこねこねでボールを失うので
積極的なフォローができなくなります。

ここに気がついて自陣ではボールを動かすこと。
どちらのほうがゴールまでたどり着ける回数が増えるのか?

ドリブルで仕掛けたい選手
勝負するところはもっと前にあります。



バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

関連記事

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

} catch(err) {}