FC2ブログ

青葉 水曜日 ドリブルでスピードをあげると

■低学年
何人かの選手が簡単にボールを離せるようになってきました。
ボールを失わないようにつないで前進する。
取りに来ないなら、スペースに運び出す。

このスペースに運び出すときのドリブルと
シュートに向けて相手を交わすときのドリブルは違います。

ドリブルでスピードを上げると視野が減ります。
また、相手に自ら近づいていくドリブルをしてしまうと
ボールを取られに行ってしまうことになります。

スパースに運び出しているときは
スピードは上げず、ゆっくりと顔を上げながら
いつでもパスを出せる状態で運び出せると
食いついたらパス
食いついてこないなら、さらにスペースへと
状況に応じてプレーができると思います。

シュートに向けてドリブルするときは
ドリブルすることで相手がどちらに来るか
または抜いた後、どこにシュートすることができるのか
そのあたりをイメージして
行くと決めたらやりきって欲しいと思います。

ぱっと判断して、実行に移して
上手くいくか、上手くいかないか
それだけなので、上手くいかなかったら
ぱっと切り替えて次のプレーをして欲しいと思います。


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール
関連記事

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

} catch(err) {}