FC2ブログ

はるひ野 金曜日 ボールを取られないように運ぶ

■低学年
ベースの練習を終わらせてから
1vs1を続けています。
隠しながら、運ぶための1vs1。
相手からより遠いところにボールを置く。
ここにフォーカスをして1vs1。

まだまだ、取られるところにおいてしまう選手が多いですが
少しずつでもわかりかけている選手もいます。

ゴールを決めるために
まだまだやれるようにならなくてはいけないことたくさんあります。

そのボールはどこから来たんですか?
誰がどうやってゴール近くまで運んでくれたんですか?

ボールを相手ゴール近くまで運ぶのに
ボールを奪われないように動かす技術は不可欠です。

少しずつでもいいのでやれることを増やしていきましょう!


バディ トレイナール はるひ野 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

横浜国際 木曜日 誰に教わるかとかよりも大事なこと

■低学年
結局のところ
誰に教わるとか、どこのスクールにいくとか?
誰と一緒にプレーするかとか?
そんなことよりも、サッカーが好きで夢中でトライできているか?
何を言われてもがむしゃらにトライできているか?

うまくなりたい。
その意識こそがすべてで
うまくなりたいから、一生懸命やるんだと思います。

誰よりもうまくなりたいから
ゲームで誰よりもボールを触りたい。
そう思っている選手はおのずと
ボールがないときにも動くし
ボールを取られたら、奪い返すために
すぐに走り出します。

結局、自分の意思で、自分でやろうとしなければ
いいサッカー選手にはなれません。
サッカーはそういうスポーツです。

誰かが横にいて、いつも声をかけてくれるわけでも
正解を教えてくれるわけでもありません。
やれって言われてすぐにできるようなものでもありません。

自分でやってみて失敗して
どうやったら成功するのか?
何度も試して、何度も失敗した経験がある選手にしか
うまくなる方法や、自分がうまくやる方法なんてわかりません。
今できている選手は何回も何回もトライを続けた選手なんです。

やれって言われて、すぐできるのであれば
スクールに来る必要もありませんから。

せっかくゲームする機会があるのだから
自分の精一杯でいろんなことにトライしてほしいと思います。


バディ トレイナール 横浜国際 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

青葉 水曜日 運ぶと抜く

■低学年
運ぶドリブルと抜くドリブル。
スペインでは言い方が違うぐらい別のプレーです。

自陣深いところから相手を抜きにかかる選手がいますが
全員抜けますか?
チームでゴールを奪うことが目的なので
ボールを相手陣に近づけるために
最善のプレーを選択してほしいと思います。

どこからでも抜きにかかるプレーは
最適なプレーなのでしょうか?

まずは、スピードを上げなくても
相手に触られないように、ボールを動かせること。
ボールを動かすということは
前にではなく横に、横よりも少し斜め後ろに。

相手の寄せが強いし
コートも狭く、人も多いので
判断を早くしていくこと。

そのためにも自由にボールを扱える技術。
ボールを触ることです。
まだまだ、集中力が欠ける選手がたくさんいますが
結局のところ、同じ30分の練習を
どう意識高く、集中して、数をたくさんやるかによって
ボールの触れる回数は変わってしまうということ。

たくさん触ったほうがうまくなります。


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

} catch(err) {}