FC2ブログ

青葉 水曜日 チャレンジすること、継続すること

■低学年
まだまだ、できないことや
やるのが難しいこと沢山あると思います。

リフティングでも右足はできるけど
左足ができないとか?
コーンドリブルでも足裏で速く動かせないとか?
ゲームで真ん中でボールをさばけないとか?

今やれていることも
昔はやれなかったことで
やってみること、やり続けることでしか
できるようになりません。

上手くいかなくて、何かいわれるかもしれませんが
気にせずやるしかありません。
上手くいっている選手だって
昔何か言われていてもやり続けたからできるんです。


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

青葉 水曜日 頭の中身を変えること

■低学年
最近8人制のゲームを見る機会がありました。
普段8人制のグランドより、縦の長さが短いグランドだったのですが
おそらく、普段のグランドの感覚でプレーすると
狭いので相手の寄せが早く
いつもであれば、トラップしてから余裕がなく
トラップ後にすぐ相手が寄せてくるため
トラップが乱れればもちろん
トラップが上手くいってもその後のプレーが遅ければ
きっちり狙われてボールを奪われる。

縦が短いということは
DFラインの裏のスペースも少ないので
裏に蹴って、能力勝負の展開にも持ち込みにくい。

いつもと同じようにプレーしようとするのが
そもそも間違っているということ。

これは、スクールのゲームでもいえることなんですが
4vs4でやっているゲームと
6vs6でやっているゲームは
プレスの強度、スペースの有無が変わってきます。

ボールを受けてドリブルで何人も抜いていくことは
スペースがなければおそらくできません。

自陣のゴール前と相手のゴール前
ボールを受けたときに選択するプレーは同じではありません。
それと同じように、状況に応じてプレーを変えなくてはいけません。

ボールを持ったらドリブルして突っ込んでボールを失ってしまう選手。
頭の中身を変えて欲しいと思います。

やり方はまだ他にも沢山あります。


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

青葉 月曜日 できるようになるためにまずは

■高学年
Aコートを。
まずは、ボールにいってプレスの強度を上げること。
そのプレスがかかった中で何ができるのか?

プレスをかいくぐって
ボールを前に運んでゴールを奪うには
どうプレーしたほうがいいのか?

プレスがかかっていない状況でできていると思っているプレーも
プレスが強くかかった状況ではできなくなります。

また、プレスが弱いところで
できているプレー、強引にドリブルでガチャガチャするプレーも
プレスが強くかかった状態ではできなくなります。

強いプレスがかかった中で
できることを増やすには
強いプレスがかかったゲームをするしかありません。

まずは、やれることを増やすために
プレスの強度を上げる。
「行け」と言われなくてもプレスをかけること。


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

} catch(err) {}