FC2ブログ

はるひ野 金曜日 相手が寄せてきたときに何ができるのか?

■高学年
ボールを離せるようになってきて
さまざまな角度からくるボールを
いろんな角度に返せるようになってきています。

ただ、それができたとしても
相手が寄せてきたときに、ある程度自分で
ボールをとられないように保持して
相手のフォローを待つことが必要になります。

そのために相手が寄せてきたときに
相手をだますこと、引っ掛けるために
やれるプレーを増やして欲しいと思います。

それができないとゲームに参加できなくなります。


バディ トレイナール はるひ野 サッカースクール

横浜国際 木曜日 ゴールをするために

■高学年
ボールをつけたり、離したり、運び出したり。
サッカーはゴールをするためにプレーしています。
それだけでなく、ゴールをとられないようにプレーしなくてはいけません。

どこでボールを持ったら失点につながるのか?
そのリスクに関しては考えて欲しいと思います。

ゴール前で、一か八かのプレーをするのは間違っています。

安全に広いスペースに味方がいるのなら
簡単にボールを離して、フォローをかけて
いい状況を作り直すこと。

ゴール前に相手が全員戻っていて
シュートコースがないのにシュートを無理打つのではなく
相手を引き出してスペースをつくり
スペースに仕掛けて相手をはがし
ゴールの局面に向かっていって欲しいと思います。

それをやるだけの技術はあります。


バディ トレイナール 横浜国際 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

青葉 水曜日 いい練習にするために

■低学年
相手が取りに来てくれる。
その中でできることを増やしていく。
これが低学年の課題だと思っています。

プレスがかかっていないところでできていること。
相手がいてプレスがかかっているところでできるていることは違います。

ボールを思い通りに扱えたとしても
相手に取られないようにボールを動かせるのか?
扱うタイミングや場所が大事になります。

まずは、ボールを取りにいく。
これはゲームでの練習の質をあげます。
ちゃんとボールを取りにいってあげること。
相手に自由にボールを扱わせないようにすること。

これがあって、そのプレスに対して
自分がどうするのか?
もちろん、ボールを持っている選手だけでなく
ボールを持っていない選手もどうフォローをするのか?
抜け出すほうがいいのか?
よって受けたほうがいいのか?

いい練習にしていきましょう!


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

} catch(err) {}