FC2ブログ

青葉 水曜日 仕掛けるところと簡単にやるところ

■低学年
少しずつ、相手を見てプレーできる選手が増えてきました。
前線の選手がボールを受けに降りてきて
ハーフラインくらいで前を向くとDFに前に行くのを阻まれて
ここをがんばって打開しようとこねればこねるほど
相手は寄ってきて、沢山の相手選手に囲まれます。
簡単にはたいて前に出て行くと
後ろで受けた味方選手のドリブルのスペースを作れます。
また、前に抜ける動きに相手選手がついてこなければ
スペースでボールを受けれるので
より簡単な状況でゴールに勝負できるはずです。

がんばるところを間違えない。

自分のところに3人ついてるということは
少なくても2人はフリーの状態なわけで
フリーな選手にボールを渡せれば
その選手が前に動き出すことで
相手選手がボールを取りにいかなくてはならないので
また、マークがずれてフリーな選手は生まれます。

コーチとパス交換をして
自分をマークしている選手が外れたときも
前にスペースがあるのであれば
前にボールを運び出す。
次のマークが来るのであれば
必ず、ひとりフリーになっているはずです。

ボールを持ってがんばるところはここです。

自分のマークが振り切れていないのに
ボールを持ったら相手選手がどんどん寄ってきます。

ちょっとずつでも体験して自分で判断できるようになって欲しいと思います。


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

} catch(err) {}