FC2ブログ

横浜国際 木曜日 チャンスとピンチ

■低学年
最後尾のコーチにやらせたくないので前プレをかける。
ただ、裏にいる選手を見ていなければ
当然ですが、裏に蹴ります。

裏に通ればチャンスですからね。

前にプレスがかかっていないなら
後ろでパスを回して、相手を引き出します。
相手を食いつかせたら
スピードを上げて、前進して
相手を置き去りにして、シュートコースがあるなら
シュートをおとりにして
シュートができる選手がいるならばその選手にパスをして
無人のゴールにシュートをしてもらう。

ピンチとチャンスは隣りあわせなんです。

ボールを失ったら、前に残っている選手がいる分
数的不利になりますが
チャンスと思って相手選手も上がってくるので
すぐにボールを取り返せれば
逆にものすごくチャンスになります。

相手が全員こちらのゴール前で
シュートを打っていたとしても
シュートが入らないで、味方がボールを取れれば
全員こちらのコートにいるので
前にボールが通せれば一気にチャンスに変わります。

途中で話しましたが
攻撃から守備、守備から攻撃の切り替えを
サボらずにやれれば、チャンスにより多く絡めて
ピンチを未然に防げます。

ゲームを沢山繰り返して
どういうときに点が入って
どういうときに点が取られてしまうのか?
このあたりの経験を沢山して欲しいと思います。


バディ トレイナール 横浜国際 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

青葉 水曜日 ドリブルでスピードをあげると

■低学年
何人かの選手が簡単にボールを離せるようになってきました。
ボールを失わないようにつないで前進する。
取りに来ないなら、スペースに運び出す。

このスペースに運び出すときのドリブルと
シュートに向けて相手を交わすときのドリブルは違います。

ドリブルでスピードを上げると視野が減ります。
また、相手に自ら近づいていくドリブルをしてしまうと
ボールを取られに行ってしまうことになります。

スパースに運び出しているときは
スピードは上げず、ゆっくりと顔を上げながら
いつでもパスを出せる状態で運び出せると
食いついたらパス
食いついてこないなら、さらにスペースへと
状況に応じてプレーができると思います。

シュートに向けてドリブルするときは
ドリブルすることで相手がどちらに来るか
または抜いた後、どこにシュートすることができるのか
そのあたりをイメージして
行くと決めたらやりきって欲しいと思います。

ぱっと判断して、実行に移して
上手くいくか、上手くいかないか
それだけなので、上手くいかなかったら
ぱっと切り替えて次のプレーをして欲しいと思います。


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

} catch(err) {}