FC2ブログ

はるひ野 金曜日 人とやっているサッカー

■高学年
技術がついても相手を見ていなければ
ボールを失ってしまうスポーツ。

相手が寄せてくると
どうしてもプレーが粗くなる。ミスが増えます。

相手を見てプレーをする。
相手を見ておければ、技術があれば
ボールを失わないプレーを選択できる。

ボールが来たら相手は来ます。
また、自分のところに寄せてからパスを出せれば
パスを受けた味方は余裕が生まれます。

ダイレクトのパスはすぐに反応できません。

どういうときにパスを渡してしまうと
味方の選手がボールを取られてしまうのか?

トライ&エラーを繰り返して欲しいと思います。


バディ トレイナール はるひ野 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

横浜国際 木曜日 やれることを増やしていくこと

■低学年
サッカーはドリブルだけできてもできるスポーツではありません。
止める、蹴る、運ぶ、動く、見る、判断する。

すべての要素をできるようにならないと
サッカーはうまくなりません。

また、それぞれの切り取った一つの要素ではなく
連続した状況で行わなくてはいけなくなります。
そして、そこに相手がいる。

ゲームの中でトライして欲しいと思います。
ドリブルだけしかしないのはもったいない。

サッカーはゴールを奪い
ゴールを奪われないようにするスポーツ。

ボールに絡んで、ボールに食らいついて欲しいと思います。


バディ トレイナール 横浜国際 サッカースクール

青葉 水曜日 前プレはかけれるが

■低学年
コーチが後ろに立っているので
守備はお任せで、前プレはかかります。
ボールの取られ方が悪ければ一人では守れません。
ボールの出所が限定されていれば何とかなります。

ボールを失ってからの切り替えを速くして
ボールの出所を限定して欲しいと思います。
もちろん、それと同時に自陣に帰ってくること。

前プレがかかるので
相手のチームはそこからどう前進していくか?
ボールを前に運ぶ方法をトライして欲しいと思います。

あまりにもボールを受けに行き過ぎて
全体が自陣深くまで下げられてしまっていると
パスを繋ごうにも相手のプレスが来てしまいます。

どうやってプレスを回避しているのか?
どうやってスペースを作るのか?

最初から低い位置で受けようとしないこと。
前に抜けてスペースを作ること。
スペースができてから、そのスペースに誰か降りてくること。
前向きでボールを受けて前進すること。
後ろの選手がボールを運び出したら
前の選手はスペースを作るために動き出すこと。

いろいろトライして欲しいと思います。
いいプレスがかかっているということは
いい攻撃の練習ができます。


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

} catch(err) {}