FC2ブログ

はるひ野 金曜日 止める蹴る

■高学年
止める、蹴る。
おそらく、相手に邪魔をされない状況でも
自分のキックがどこにいくのかわからない。
ボールを止めようとしても
狙ったところに止まらない。

サッカーは相手がいるスポーツなので
相手がいる状況での練習を行いたいのだが

それどころではなく
パス&コントロールの練習をしなくてはいけない。

はっきり言えば、やりたくない練習。
せっかく人数が集まっているのだから
相手がいる状況の練習をしたい。

ボールタッチの練習をいくらしたところで
パスを受けられなければ
そのボールタッチで何かする前にボールをとられてしまい
その成果を発揮することはできません。

また、ボールタッチの練習をいくらしていたとしても
ボールを狙ったところに蹴れなければ
パスはおろかシュートをゴールに入れることができません。

何のためにドリブルするのか?
シュートを打つために
相手を外してパスを出すために
ドリブルをします。
ドリブルすることが目的ではありません。
ドリブルをしたら、シュートかパスが付いてきます。

なので、その後のシュート、パスのプレーができなければ
結局ドリブル活かせないので
ボールをとられるか、ゴールが決めれず
相手ボールになります。

止める、蹴るもドリブル同様に練習しなければできるようになりません。
止める、蹴るの練習は壁があればひとりでも可能です。
ぜひとも、この夏休みに継続して練習して欲しいと思います。


バディ トレイナール はるひ野 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

横浜国際 木曜日 新横浜花火

■高学年
夏休みで遠征や合宿なので少なめ。
1面で行いました。

普段一緒にボールを蹴らない選手とも
ゲームをしました。

まず、普段できていることが
寄せが速くなったり
パススピードが速くなったり
するとできなくなります。

まずは、ボールが来る前に
周りの状況を見ておくこと。

そして、いい状況で受けるために
相手より少しはなれてボールを受けること。

抜いてシュート、運び出してパスなど
次のプレーが判断できていないのに
自分から相手にスピードを上げて突っ込んでいかないこと。

簡単にやって、取られないようにするときと
前を向いて勝負してゴールを目指すときを認識すること。

このあたりでしょうか?
がんばっていきましょう!

バディ トレイナール 横浜国際 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

青葉 水曜日 きちんと蹴るために・・・

■高学年
高学年なのである程度ボールを蹴ってきているはずです。
止まったボールならば、ある程度思ったところに
思った強さで蹴れるようになっていると思います。

ただ、ゲームの時にそれができないのは?
動きながらやらなくてはいけなかったり
相手のプレッシャーがかかり、時間がなかったり
きちんと蹴るために、きちんと止めることです。

自分の蹴るポイントにきちんとボールを置くことができるか?
もちろん、蹴るところに置けなくても相手は待ってくれませんから
止めた場所に応じて、蹴るポイントをずらさなくてはいけません。

ボールを止めないでも蹴れること。
角度をつけてダイレクトの練習をすること。

ドリブルの練習もいいですが
ドリブルするにも、きちんと止めれないとダメです。

止める、蹴るの練習をもっと意識してしてほしいと思います。


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

} catch(err) {}