横浜国際 木曜日 DFの意識

treinar0001.jpg

■高学年
後閑コーチが来てくれました。
反対側にもコーチがいる状況。

簡単にボールロストするとカウンターを受けることになります。
これ、反対側にコーチがいないとそうならないので
前からプレッシャーを掛けて
かわされたとしてもコーチが守ってくれている
そういう心理状況から起こるもので本来であればありえません。

DFへの意識が低すぎます。
本来は、コーチが前に出て攻撃する際も
ボールをロストするリスクはあります。

そのリスクを最小限にしようとすると
ゴールで終わるプレーしか選択できないんです。
これは、君たちのDFへの意識が低すぎるのもありますが
パスを渡してもすぐロストしてしまうからに他なりません。

パスを出したら、ボールを失ってしまう。
そのあとのボールを取り返すアクションが遅い。
ロストしたときのポジショニングが悪い。

もちろん、リスクを掛けて攻撃しているので
ミスからボールを奪われることもあります。
その際の失点しないためのポジショニングと
DFのアクションをもっときっちりやって欲しいと思います。

ポジショニングと切り替えの速さがあがるだけでも
ボールに絡める時間はあがります。

ゲームをやっているわけなのでどうやってボールに絡むのか?

攻撃するときに、ボールを持ってからしかプレーの選択肢がない選手は
どうしても、相手に囲まれてしまいボールをロストする確率が増えます。

GKが立っていてもシュートが決まるように
コーチが立っていてもボールはゴールに入ります。
パスカットされずにボールをつなげます。
プレスをかわしてボールはつなげます。

どうすればいいのか?
ずっと同じことをしていてもダメです。
少しでもいいから、いろんなことをトライしてみて欲しいと思います。


バディ トレイナール 横浜国際 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

} catch(err) {}