FC2ブログ

青葉 月曜日 やれることを増やす

treinar0001.jpg

■高学年
ボールを持ったら
足元に止めて、こねている間に相手が寄せてきて
どうにかしようとしている間にもうひとり、ふたりと相手が来て
どうにもならなくなって、ボールを取られてしまう。

ドリブルで相手を抜こうとしているが
ちょこちょこ触ってかわそうとしている間に
相手がもうひとり来て、シュートコースがなくなる。

同じことを繰り返していれば
同じことしかできない選手は
守っている相手選手にとって簡単で

同じゴール前の状況でも
ドリブルしてシュートするときもある
相手が食いついているからワンタッチで離すときもある
簡単に味方選手を使うときもある
ダイレクトでシュートするときもある
いろんなことをできる選手のほうがあきらかに守りにくい。

上手くなるということは
やれることが増えるということ。

ボールを足元に収めてからしかプレーできないのであれば
ボールを足元に収めないでもやれるプレーにトライする。

それがあるから、もともとできているプレーが活きてきます。

ゲームに参加するにはとにもかくにもボールに行くこと。
最低限走り回ってボールに取りに行くこと。
前後左右にに走り回ってボールをもらおうとすること。
人より多く動けるかどうか?
人より先に動けるかどうか?

ただ待っていても、ボールは来ないし、上手くならないですよ。


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

} catch(err) {}