はるひ野 金曜日 ゴールを奪うイメージ

■高学年
切り替えを速くすること。
チャンスとピンチを見極めて動くこと。
ゴールのイメージや次のプレーのイメージをもってプレーすること。

この3つを意識してトレーニング。

まだまだ、ボールを失ってぼーっとしている選手。
ピンチなのに歩いてしまっている選手。
チャンスなのにゴール前に走れない選手。
闇雲にスピードを上げてしまう選手。

がたくさんいます。

自分が仕掛けることで相手を動かしたり
味方とパス交換をすることで、相手を動かしたり。
テンポよくパスを回すことでマークがずれたり
視線がボールを追うことで、マークを外せたりします。

ゴール前に近づくことがゴールを決めることに直結するのは
ボールの奪った場所が良く、カウンターがかかるとき。

ゴール前が固められたら、ボールを回して
相手を引き出したり、サイドを変えてズレをつくること。

このあたりの感覚を高めていって欲しいと思います。


バディ トレイナール はるひ野 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

横浜国際 木曜日 ゲームに絡むこと

■低学年
まだまだ自分のやりたいことでガチャガチャして
ボールを失っている選手。
ボールを失わないにしても、自分が思っているプレーじゃない選手。

状況を見て、抜けると判断して思ったプレーをして抜けてるのではなく
ガチャガチャして偶然で抜けたに過ぎません。

ゴール前のリスタートをパスカットしてゴールに入れる選手。
もちろん、リスタートする側もとられないようにリスタートしたいですが
そもそも、そのボールをとって、ゴールにシュート打つプレーで上手くなれますか?
GKの前にたってGKのゴールキックをを邪魔する状況ありますか?
おそらくないでしょうね。

GKを使ってパス回しをしてくる状況で
GKにプレスをかけてボールをとるのはいいと思います。
ボールを下げて、組み立てなおそうとしているわけなので
それをプレスしていって、出口をふさぎ
パスカットを狙う、そのパスカットからゴールを奪う。

相手が上手くても、年上でも、大人でも
ボールを奪われないようにプレーはできます。

ボールが触られない場所にボールを置くことです。
ボールが触られない場所にボールを運ぶことです。

体が小さいからとか、相手のほうが速いとか
は下手な選手の言い訳です。

体が大きな選手とやるのであれば
いつもより、遠くにボール置くしかないですし
速い選手とよーいドンのプレーは避けなければいけないので
ポジショニングに気を使い、相手より先に動くか
相手をより離してボールを受けるべきです。

ボールを持ってガチャガチャするプレーで挑んでいったら
体の大きい、体の強い選手に勝てません。

では、どうすればいいのか?
いろいろ考えてみて、試してみてください。


バディ トレイナール 横浜国際 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

} catch(err) {}