水曜日 青葉 やるか、やらないか?

夜は涼しくなってきましたかね。


■低学年
まだ、みんな自分のことだけで精一杯です。
であれば、もっと練習して、自分の思うとおりに
ボールを動かせるようになって欲しいと思います。

がちゃがちゃしちゃうのはしょうがないです。
パスも思うとおりに蹴れないとなると
自分で行くのが一番いい選択肢。

だとすれば、最低でも、ボールをとられないように動かせるようにすること。
もっと、もっと練習するしかないと思います。

もう少し簡単にやる方法は徐々に入れていきます。


■中学年
やれてる風なだけだというのが
2回目と最後のゲームで分かったと思います。

普通は、パスを受けるときにプレッシャーがかからないことはありません。

ちょっとプレッシャーがかかれば
まだまだ、簡単なミスが頻発します。

厳しいところで受けれるようになるには
厳しいところでボールを受ける回数を増やしていかなくてはいけません。
そのためには、プレスをきちんとかけてあげることです。

ボールを受ける相手を予測してきちんと寄せてあげることです。
自分たちのディフェンスが、自分たちのオフェンスの能力を高めます。

がんばりましょう!


■高学年
ボールを取りに行く。
相手の持っているボールに足を出す。
抜かれたっていいんです。

ボールをとろうと思って足を出した。
でもかわされて取れなかった。
それだけのことです。

ボールを取りにいかないよりぜんぜんプラスです。

取れなかったならいいですが
取りにいかなかったや、足を出さなかった。
走って戻らなかったがダメなんです。

ぜひ、やって欲しいと思います。
どういう風に抜かれているのか?
どう足を出したら、相手はどう仕掛けてくるのか?

どうしたら、どうなるのか?
この積み重ねが経験です。

せっかく、本気で仕掛けてきてくれるんだから
本気で立ち向かって欲しいと思います。

逆に考えれば
どうしたら、とられないようにボールを運べるのか?
になります。

やるか、やらないか?
是非やってほしいと思います。

がんばりましょう!


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

木曜日 横浜国際 雨のあと

どしゃぶりでしたね。
そのあと上がって、ものすごい湿度へ。
飲み物沢山持ってきてください。
宿題は早めに片付けてください。


■低学年
少しずつパスが回せるようになって来ました。
あとは、状況に応じて判断すること。
ドリブルでいけるのか?
パスしたほうがいいのか?
シュートを打てるのか?
味方にパスをしてシュートをしてもらったほうがいいのか?

技術に余裕がでてくれば
顔は自然に上がります。
相手や味方が見えてくるので
プレーの選択肢は広がります。
そこで何が一番いいいのか?
判断して実行する。

まずは、ある程度の止める、蹴る、運ぶ。
そのためにやらなきゃいけないことはなんですか?


■高学年
人数が少なかったので
あえての7vs7。
意外とパスが回せたと思います。
突っ込んでいけるのはボールを早く回して
スペースを作れたときだけ。

状況判断。

チャンスなのか?チャンスじゃないのか?
ピンチなのか?ピンチじゃないのか?
いけるのか?いけないのか?

沢山やって、感じて欲しいと思います。
やるしかないと思います。

がんばりましょう!


バディ トレイナール 横浜国際 サッカースクール

月曜日 青葉 夏到来

夏ですね。
飲み物多めに準備しましょう!


■低学年
コーチを入れて5vs5で回しました。
後ろでボールをつないでいる時に
前の選手が真ん中に下りて、受ける。
また、スペースに出て、縦のボールを引き出す。
どうやって、ボールに関わっていくか?

シュートが打てないのなら
ドリブルで打開できないのなら
無理をせず、ボールを下げて作りなおす。

きちんと狙いをもってボールをゴール前に近づけること。
チャンスの際はきちんと前を向くこと。

そのためにも状況を確認するために周りをもっと見ておいてほしいと思います。


■高学年
コーチを入れて7vs7。
コーチが二人ずつはいっていたので
ゴールをとるには、ボールを受けて前を向いて
コーチをかわしてシュートを打たなくてはいけません。
これ、かなりハードルが高いです。

そうじゃない方法ないですか?

相手のコーチは味方のコーチのシュートコースを
一番最初に切っています。
味方コーチのシュートコース上にない
ワンタッチでゴールを取れるところにいれば
後閑コーチならパス出せます。

大事なのは、パスが出せるタイミングにそこにいること。
どういうときに、コーチの目が自分から切れるのか?
どの角度にいればボールがでてくるのか?

難しいんですけどね。

がんばっていきましょう!


バディ トレイナール サッカースクール
} catch(err) {}