水曜日 青葉 寒さも一段落

鉄町はかなり寒いです。
都心部より1~2℃寒いので
ベンチコート、ネックウォーマー、手袋など
暖の取れる衣類を持ってきてください。


■低学年
わざとぐちゃぐちゃゲームでした。
いつもよりスペースがなく
しかも低学年はボールによっていってしまうので
ドリブルどころか、トラップしただけで
相手がよってきます。
ボールをとられないようにトラップする。
ボールをとられないように運ぶ、ダイレクトで放す。

ボールをもって突っ込んでいくだけでは
何もできないことを分かって欲しいと思っています。

もちろん、それでもドリブルがしたいのならば
もっとドリブルの練習をしなくてはいけませんし
いい判断ができて、パスを選択肢に加えてくれれば
もっとドリブルも活きてきます。

なんとなくわかってる選手もいますが
ほとんどの選手はボールがきたら
ボールも止めれず、相手にボールをとられていたと思います。

がんばっていきましょう!


■中学年
ボールを大事に扱うこと。
状況を把握しないで、ただ前を向くとか
突っ込んでいくとかはそろそろ減ってきます。
中学年になると、イメージはあるんだけど
技術的なミスでボールをとられてしまいます。
これ練習するしかないので
とにかく積極的にゲームに絡んで
何ができて、何ができないのか?
これが分かるだけでもプラスだと思います。

途中で言いましたが
自分たちでコートを狭く使わないこと。
欲しいスペースは自分たちで作らなくてはいけません。
リスタート時のポジションだけでも修正できると
もっと簡単に後からボールをつないで前に出れます。

トライしていきましょう!


■高学年
とにかく、ゲーム中にプレッシャーのかかった中で
まともにトラップできて、きちんとパスがつなげる選手が少ないこと。
普段の練習の仕方や意識を変えなくてはいけません。

チームの練習、スクールで練習
自主練習してもできてないんですから。

もっとボールに触る量を増やしていくか?
もっと集中して練習する質を上げるか?

ただ、やるだけでうまくなるなら、みんな上手くなりますよ。
練習するしかないんです。
がんばっていきましょう!


バディ トレイナール サッカースクール

青葉 月曜日 雪

降りましたね。雪。
暖冬でしたので、寒さも応えます。
ケイタのお父さま雪かきお手伝いしていただき
ありがとうございました。


■低学年
サッカーやりたい6名。
4vs4でゲームし続けました。

まずは、ボールを止めれること。
ボールをみながら、攻守の切り替えを速くすること。
ボールを奪われたら、取り返しにいくこと。
ボールを奪ったら、攻めるためにパスコースを増やすこと。

がんばって動きましょう!

■高学年
8名。蹴りたいという気持ち合格です。
後閑コーチも来て、5vs6。
5vs6で数的優位なのに、はがされて
ゴール前で数的不利。
もっと走れないとダメですね。

低学年より、パススピードや相手のプレッシャーがかかる中で
思ったところに止められる、思ったところに蹴れる。
とられないようにボールを運べる。
このあたりの精度をあげていきましょう。

できなかったこと沢山あったと思います。
そのできないところを沢山練習してなくしていく
その努力を継続して欲しいと思います。

風邪引かないように!


バディ トレイナール サッカースクール

横浜国際 木曜日

やっと冬っぽくなってきましたね。
冷たい風がふくと、体が冷えます。
ベンチコートなどの暖をとる衣類必要です。


■高学年
何のためにスクールに来ているのか?

これを問うと決まって
「うまくなるため」
という答えが返ってくる。

そんな選手たちのコーンドリブルの練習は
たらたら、しゃべりながら行われている。

高学年に向かって言いたくもない
まじめにやれという声かけ。

意識を高くして練習に取り組んで欲しい。
そして、誰かに言われるからではなく
自分の意思で集中した練習を継続して欲しい。

自分より上手い選手に追いついて
追い越そうとしているなら、なおさらで
今すでにある差を埋めようとするならば
同じ練習を繰り返していてもダメなんだということ。

早く気づいて、変わった選手が
その努力を継続できて初めて上手くなれる。

その変われるスイッチは
誰かに押してもらうものではなく
自分で押さなくてはいけないもの。

さて、来週のコーンドリブルを楽しみに見ます。


バディ トレイナール サッカースクール
} catch(err) {}