ゆっくりボールを運ぶドリブル

少しずつ暖かくなってきているでしょうか?

■高学年

ドリブルというと
トップスピードで相手を振り切るドリブル
仕掛けのドリブルをイメージしがちですが

パス以外でボールを運ぶのがドリブルですので

スピードを出さないで
とられないようにスペースにボールを運ぶのもドリブルです。

トップスピードで行う
ドリブルやトラップはボールコントロールが難しくなりますから
ミスをしやすくなります。

が、相手を抜く必要がないのであれば
プレースピードを遅くしても
ボールをとられないようにドリブルすることはできます。

味方の上がりを待つのに
そのポジションで止まっているのではなく
空いているスペースにボールを運ぶことによって
相手選手が食いついて新しいスペースが生まれ
味方選手に使ってもらうこともできます。

ボールをもっているだけではプレスをかけてきませんが
ちょっとでもゆっくりでもボールをゴールに近づけようとすれば
必ず、相手の動きが生まれます。

ゲームをしていない待ち時間に
うまい選手がどうやってプレーしているか
見てほしいと思います。

がんばりましょう!


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

ゲームはいろいろ試す場であるということ

寒い日が続きます。
ただ、日の入りの時間が折り返しました。
もう少しの辛抱ですね。


■低学年
前線からプレスをかけて
ボールを奪い、ゴールにシュートを打つ。
非常に大事なことです。

最初の段階としては問題ないです。

この前からきちんとプレスができることで
今度は、プレスをかけられている側が
いい練習をできる環境ができます。

プレスをかいくぐってボールをつなぎ
ボールを相手の陣地につなぐこと
そして、相手のゴールを奪うこと。
これが次にやれるようになりたいこと。

現状では、バックラインでのボールを奪われないで
つなぐところにまだまだ到達できていません。

技術不足が一番の原因です。
プレスがかかった状態でいつもどおりにプレーをすることが
まだまだできていません。

プレッシャーがないところでの
止める蹴るの技術に関してはあがってきていると思います。
ただ、サッカーは相手のあるスポーツです。

自分の持っている技術をどう使って
相手にボールを奪われないようにするのか?
これは、とられないところにボールを置くということもそうですが
相手をだまして、相手が寄せるまでの時間を作ったり
ときには、簡単にボールを離したり
逆にプレーをわざと遅らせて、相手が来るのを待ってみたり
駆け引きが必要になります。

ゲームをして、どうしたら
相手からボールを取られないようにできるか?
そのあたりを試してほしいと思います。

がんばっていきましょう!


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

セレクション合格

セレクション合格の知らせを聞きました!


■ジュニアユース
・横浜Fマリノス みなとみらい 1名
・横浜Fマリノス 追浜 1名
・川崎フロンターレ 4名
・横浜FC 1名

君たちのサッカー人生はこれからです。
たくさんのいい経験をしてください!
支えてくれた両親への感謝の気持ち忘れないでください!
どこでプレーしても努力を忘れないでください!

合格おめでとう!

※スクールに在籍したことのある選手も含みます。


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

} catch(err) {}