セレクション合格

セレクション合格の知らせを聞きました!


■ジュニア
・川崎フロンターレ

一番後ろを守らなければいけないという責任、重大です。
新たにやらなくてはいけないことたくさんあると思いますが
楽しんで取り組んでほしいと思います。


君たちのサッカー人生はこれからです。
たくさんのいい経験をしてください!
支えてくれた両親への感謝の気持ち忘れないでください!
どこでプレーしても努力を忘れないでください!

合格おめでとう!

※スクールに在籍したことのある選手も含みます。


バディ トレイナール サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

細かくつないでいくということ

鉄町は寒いです。
ベンチコートを必ず持たせて下さい。


■高学年
あえて、パスをつなぐモードでした。
それでも、たらたらつないでいるわけではなくて
プレスはそれなりにかかった状態。

パスを出したあと、パスを出した選手のフォローがなければ
選択肢が一つ減り、ボールを失う確率が増えます。

むしろこういう状態でパスをダイレクト、ツータッチでまわしているほうが
フォローへの思考がかかるので余計に動かなくてはいけなくなるはずです。

何を考えたり、見たりしているかというと

ボールが次にどこに動くのか?

例えば、ボールを持っていない、ボールに関与していないポジションで

・ボールを持っている味方の状態
・パスが受けることが可能なポジションにいる味方の状態
・その周りにいる相手の状態

を視野にいれてボールの動きを判断する。

そのパスによって、パスを受ける味方がどうボールを処理して
その次にどこにならボールを蹴れるのか?

それをイメージ出来れば
パスが出せるコースで、敵に当たらない場所にいけば
パスは来ます。(本人がボールを止めれるかは別の話。)

イメージを得るためには、たくさん経験することです。

また、パスを受けるという技術自体がうまければ
より強いパスを、より小さなズレで通すことが出来ます。
つまり、受けれる場所が増えるので、選択肢は増えます。

そんなにはやいスピードで走り続けているわけではなく
状況に応じて、細かくポジションの修正をし続けることが大事になります。

ボールが少しでも動けば、状況が変わり
ポジションを変える必要があるわけです。

書いていて、難しすぎて、伝わらないだろうと思いました。

それと、頭でわかっているからといって
動ける(できる)わけじゃないですから
たくさんボールに絡んで、経験するしかないと思います。

結局いつもこの結論です(笑)


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

おのずとプレーは変わるはず?

火曜日のあと連荘で体が重かったです。
もうちょっとあげていこうと思います。


■低学年
今週、1週間は丹藤コーチが来てます。
プレスのかからゲームはつくれていると思います。

ただ、何も考えていない選手が多すぎます。

丹藤コーチはガミガミいってくれます。
どちらかと言えば、私は言いません。

何も考えずに、ボールばっかり見て
突っ込んでいくサッカーから変わらなくてはいけません。

実は、ちょっと意図的にチームを分けました。

パスがちょっとできる選手のチームと
ボールを持ったら第一選択肢何がなんでもがドリブルの選手のチーム。

差は歴然だったと思います。

後者のチームは状況をみて判断することがないんです。

周りも見てないですし、ボールを持ったら
ひとまず、ドリブルを仕掛ける、どんなときでも。
また、ドリブルしながらパスが出せない。
チーム全体のバランスを見ない。
ボールしか見ずに、ボールに寄っていってしまう。
相手選手が何をしようとしていてもお構いなし。

まあ、つっこんでいけば、何とかなってしまうときが多く
なんで?どうしてダメなのか?
そのあたりも理解できないのかもしれません。

おそらく、高学年になれば如実にわかると思います。
私的には、それでいいと思います。
できなくならなきゃ、腹に落ちてこないですし
自分のプレーを見直そうとも思わない。

早く気づいてる選手は、彼らなりに、一度何かに躓いてるはずです。

ドリブルで足が遅くて抜こうとしても抜けないとか。
体が小さくて、抜いたと思っても足が出てきてしまうとか。

ちょっと時間を見つけて
高学年の選手とやっていってみようと思っています。


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

} catch(err) {}