ちょっとしたこと

鉄町はとても寒いです。
暖のとれる、ベンチコート等を必ず持たせてください。


■低学年
自分のところにボールが来ないとプレーができない選手がたくさんいます。

どういうことかといいますと…

自分のところにパスが来たときは
ドリブルしたり、シュートしたりするのですが
そのボールを敵に奪われたら、ボールには興味がない。

たいがい、その個人プレーも、ほとんどが失敗です。

コーチは優しいですから、ボールを出しますが
自分たちだけで、プレーしなければいけない時
そんなことが通用するのでしょうか?

全員ゴール前まで戻って守備をしろと言っているわけではありません。

少なからず、自分が奪われたボールは、自分で取り返す。
自分の近くにボールを持っている相手選手がいたら、ボールを取りに行く。
ゴール前に味方選手が足りないなら、ゴール前に帰ってくる。

相手チームからボールを奪うために、考えて、動くことができる。

これができなければ、サッカー(ボールに触ること)はできません。

そのためにも、まずは

走れること。
ぱっと動けること。
それを続けれること。

これが最低条件。
それをもっての、止める、蹴るです。


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

メッシは凄い

冬の雨でした。青葉は寒いです。
暖のとれるものを必ず持たせてください。

メッシとペドロのワンツーを見てほしいです。
おそらく、ペドロのラストパスが若干強めなんですが
メッシがいなしてしまっています。

将来、すごい選手をリアルタイムで見ていたんだなと振り返ることになるであろう選手です。




海外サッカー主要なもののハイライトを速めにあげてくれます。

http://footballingtube.blog93.fc2.com/


バディ トレイナール サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

丸3年。

このブログを書き始めて丸3年が経ちました。
3歳年をとったことになります。
子供たちの元気に負けないように頑張ります。


■高学年
パスを受ける。
この感覚をつかんでほしいと思います。

どこにいれば、パスが来るのか?
どのタイミングで動けばパスが来るのか?

パスは出し手とのタイミングが重要です。

同じ場所にずっといても、パスが来ても
敵にとられてしまいます。
狙われているわけです。

出し手がパスを通せるスペースに、タイミングよく、ぱっと動くこと。

これが全てです。

プレッシャーを受けた中で繰り返しやることで
この感覚ををミニゲームの時に養ってほしいと思います。


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

} catch(err) {}