東京ヴェルディ存続決定



J2東京Vの新たな運営会社に、スポーツクラブ、幼児園などを運営する株式会社バディ企画
研究所(本社・東京都世田谷区、鈴木威社長)が内定したことが28日、明らかになった。
同社は東京Vの株式を30%以上取得して筆頭株主になる予定で、29日のJリーグ臨時理事会で
承認され次第、正式決定する。Jリーグ事務局長を兼務していた東京Vの羽生英之社長(46)は
Jリーグを退職し社長業に専念する。

注目されていた東京Vの新たな引き受け先が、都内を中心にスポーツクラブやスポーツ幼児園を
運営するバディ企画研究所に内定した。東京Vの株式を30%以上取得して筆頭株主になることで
合意しており、出資額は推定1億円。バディに次ぐ株主にも大手スポーツイベント運営会社が
名を連ね、東京V関係者は「総合スポーツクラブになるためにノウハウをお借りしたい」としている。

東京Vは昨季限りで親会社の日本テレビが撤退。前身の読売クラブユースOBを中心とする
前経営陣が経営を引き継いだが、今年6月末に資金ショートを起こして退陣し、Jリーグの
羽生事務局長が社長を兼任する形で再建を図ってきた。その結果、経営努力により債務超過は
当初の4億6000万円から3億8000万円に削減された。18日にはスポーツ用品販売のゼビオと
5年間の包括スポンサー契約(推定総額4億円)を締結。債務超過解消のメドが立ったことで、
並行して行っていた複数の新株主との交渉も一気に進んだ。

29日に行われるJリーグ臨時理事会後には新生東京Vの株主総会も行われ、バディの鈴木社長が
東京Vの新会長に就任。また羽生社長は近日中にJリーグを退職して社長業に専念する。
バディはサッカー以外にも野球、陸上、柔道、バスケットボールなど数々のスポーツ事業を展開。
東京Vは総合型スポーツクラブという新たな理想も見据えながら再建をスタートさせる。

ソースはhttp://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2010/10/29/08.html


バディ トレイナール サッカースクールは
フットサルクラブ東京 青葉台コート
フットサルクラブ東京 横浜国際コートの
2コートにてスクールをおこなっています。

東京ヴェルディが存続することによって、この地域のサッカーが
これまで以上に盛り上がることを期待しています。


バディ トレイナール サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

今年もあと2ヶ月

今日はめっきり寒くなりました。
待ち時間があります。
暖のとれるピステ、ベンチコートを持ってきてください。


■高学年
全部を一生懸命動き回ること。
もちろんこれができれば一番ですが、おそらくできません。
プロ選手も、45分×2セット=90分フルで走り続けることは
ごくごく限られた選手以外無理だと思います。

相手選手の嫌なポジションや、トラップするときなど
ここぞという時に、2、3歩ぱっと動くこと
これだけを集中して、切らさないように動ければ
ずっと一定でダラダラジョギングしているよりは
より効果的で、ボールに絡めると思います。

ボールをパスした後の次の動き
ボールを失った後の取り返すための動き
パスコースを一つ消すための動き

この一つ一つを集中して、ぱっと動ければ
全てをトップスピードでこなす必要はありません。

前にも書きましたが
90分ゲームの、一人の選手がボールに関与できる時間は2分です。
それ以外のボールを持っていない88分の動きのほうが大事です。

いい練習だったと思います。
頑張っていきましょう!


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

自分で考えることそしてやってみること

雨ですね。奄美大変なことになっています。
こういうときこそ、国、政府がなんとかしなくちゃいけないと思います。
チリの救出劇じゃないですが、支持率上がると思うのですが。


■低学年
「考えること」そして「やってみること」

サッカーに限らず、重要なことです。
例えば、リフティングができない。
自分はどうしてうまくできないのだろう?
考えることができれば
できる選手はどうやってやっているんだろう?
と、他の選手が気になるはずです。
自分とどこが違うのかがわかれば
実際にやってみよう!
ということになるはずです。


やってみてほしいと思います。


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

} catch(err) {}