FC2ブログ

パス・パス・パス

寒暖の差が激しいですね。
今日は昼なのに6℃。
体調を崩さないようしましょう。


■低学年
最後に集めていいましたが
短い距離のパスをきちんと蹴れるように
もっともっと練習して下さい。

2人組みでパスの練習をしているときは
相手も背負っていませんし、パスを蹴るとき邪魔をしてくる選手もいません。
その時に、パスがあっちこっちにいってしまうようでは
お話しになりません。

強弱もふくめ、まずは、思ったところにきちんとパスが通せること。
長い距離のパスはまだいいです。
最高でも5mくらいまでのパスが思い通りになるようにして欲しいと思います。


■高学年
Aコートでした。
コートが狭いので、パスが来て、パスを受けて、次にパスをどこに蹴ろうかなって
考えていると、相手のプレッシャーで状況が悪くなり、後ろを向いて
さらに状況が悪くなり、相手に囲まれて、ボールを取られる。

パスを受ける前に次のプレーをどうするか少なからずイメージしておく必要があります。

また、自分のところに来ないパスでも
その次のパスが自分のところに来るように、動きなおすとか
更に次のパスをもらうために、前線で駆け引きをしてマークを外すとか
ボールを持っていないときにどれだけ
ひとつのパスに連動して、次のイメージができるか
また、そのためにフォローに動けるか

やっていけば、分かってくると思います。

なので、一生懸命やってみてください。
ダラダラするのであれば、一生懸命やる選手とやります。


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

} catch(err) {}