次の次のプレー

日中は暖かかったですね。

■高学年
アップ、コーンドリブル、パスゲーム、ミニゲーム。

パスゲームですが
ボールホルダーがパスを出せるところに
動くことはできるようになってきたと思います。

その次の動き。

ボールが次の選手に移ったときにどこにパスが出せるのか?
もしくは、ワンツーをした後、次のパスを出せる場所に動けるのか?
ダイレクトも絡んでくるのでそんなに簡単ではないですが

次の次の動きを、パスを交換していない3人目の動きが重要です。

トライしてほしいと思います。


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

やる気をみせて!

鉄町は寒いです。
低学年は手袋を高学年はベンチコート忘れずに!


■低学年
太陽が出ている間はまだ少し暖かいですね。

だいぶ慣れてきた新人君たち!
スクールは遊ぶところではありません。
友達と楽しくボールが蹴りたいのなら
レッスンが終わってからにしてください。

一生懸命やるも、やらないも君たち次第。
うまくなろうと一生懸命練習している選手の邪魔はしないで下さい!


■高学年
Bコート、6vs6で少しコートを狭くしています。

全員で守る、攻めるは重要だが

全員で引いてしまうと、スペースがなくなり
プレスのタイミングが速くなり、パスがつなげなくなります。

前線の選手が前に残って、スペースを広く使うこと。
広げてもらった、真ん中のスペースをいかにうまく使うのか?
そこが鍵になります。
6年生は意識してプレーしてほしいと思います。

バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

勤労感謝の日

勤労感謝の日でスクールはお休みでした。


昔話を・・・。

青葉台コートができたのが2003年12月23日。
今年の12月23日で丸6年になります。

トレイナールも翌年1月には始まっています。
その当時は月・水・木でやっていまして
全学年同じ時間帯で17時~19時。
木曜日は幼児がひとりでした。
その子が今6年生。時が経つのは速いですね・・・。

まず、後閑コーチのコーンドリブルをみて衝撃を受けたのを
今でもはっきりと覚えています。

そして、ゲームをしてみたいという衝動にかられました。
運よく、丹藤コーチに誘われて
2004年春頃には一緒にボールを蹴っていたと思います。

その当時から内容はほとんど変わらず
コーチを含めたミニゲーム。
ハイプレッシャーの中でいかにプレーをするかを
後閑コーチが表現してくれ続けていると思います。


本気でうまくなりたい選手。
ジュニアユースセレクションに挑戦しようとしている選手。
将来プロになりたいんだという気持ちのある選手。

厳しいかもしれないし、きついかもしれません。
でも、うまい選手ほど、本当にいい練習になると思いますし
凄さがわかると思います。


まずは一度体験してみてください!
お待ちしています!


バディ トレイナール サッカースクール

テーマ : 少年サッカー - ジャンル : スポーツ

} catch(err) {}