FC2ブログ

ワールドカップアジア最終予選 バーレーン戦

所感を。

中村俊輔はさすがと思いました。
フリーキックをもらえれば、得点のにおいがします。
止まったボールを蹴らせたら世界屈指のキッカーであることは間違いないです。

相手にイエローを出させた
田中達也のドリブルもアジアレベルではいける気がします。
あの時間帯であそこまで動けるというのは
かなりコンディションがよかった証拠でもあると思います。

人がいないとはいえ、阿部の左サイドバックはかわいそうです。

暑い中、選手は動けていたと思います。
ルースボールに対しても、追い込んでいたと思います。

10vs9になって、あそこまでバタバタするのは
実際にレベルがそんなに変わらないことの証明でもあると思います。

このままでは、最終予選の突破も危うい気がしました。


チーム力の上積み(連携や方法論の徹底)だけでは厳しそうです。
両サイドバックの、内田、安田の若い2人の能力の上積みには期待します。
が、もう少しボールがきちんと収まって、突破のできるFW、MFがほしいです。

バーレーン相手に崩す、攻撃の形すら見えてこない状況。

カタールとオーストラリアは格上です。
オーストラリアは親善試合ですがオランダに勝ち
カタールはウズベキスタン相手に3-0の快勝。
しかも2点目のドリブルからの得点に日本のDFも対応できないと思います。

ゴール前の最後のところで縦に入れて
ボールの収まる選手、またボールを受けて仕掛けれる選手の
育成が急務であると思います。あと左サイドバック。
(左サイドバックは慢性的に不足ですね。)

日本には仕掛けれる選手がいないのときちんとボールを
実際アジア以外ではペナルティ付近でファールももらえないでしょうね・・・。
(セルティックvsバルサで実証済みですね。)

さてどうするか?

大丈夫です。
ワールドカップは4年に1回必ず来ます。

スーパースターの出現を待ちます。

バディ トレイナール 青葉 サッカースクール
KAMO LIMITED:MERCURIAL SL
} catch(err) {}