プレッシャーのないゲーム

■高学年


サッカーは「楽しく」が基本です。


余裕でパスが回せる状況よりも
プレッシャーがあり、ギリギリのトラップ、パスのやり取りが
「楽しい」と感じるようになってほしいと思います。


また、パス練習でも、強いパスをきちんとトラップすること
イメージしたプレーどおりにできたことを
「楽しい」と感じるようになってほしいと思います。


今日で卒業する6年生がいましたが


サッカー人生はこれからです。


トレイナールで受けた狭いスペースでのプレッシャーの感覚は
中学生サッカーでは普通になります。



応援しています!


いつでも暇なときは遊びに(練習に)来て下さい!


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

ディフェンスのプレスの仕方

■高学年

コートを狭くしての5vs5をメインに。

ディフェンスの仕方、プレスの掛け方を注意しましたが
どうだったでしょうか?

なんとなくボールをとりにいくのではなく
パスコースを切りながら、ボールを持っている選手に寄せていく。

それ以外の選手は、パスコースをひとつきってもらってるのだから
残された可能性のあるパスコースにくるボールを狙う。


ボーっとスペースを埋めるのではなく
ボールがないときにでも頭を使って下さい。


よくなってきたと思います。


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール


ゲームでできなければ意味がない

トレイナール サッカースクールでは
ミニゲームを中心にレッスンを行っています。


ゲームで発揮できない「テクニック」は必要ありません。


どれだけコーンドリブルがうまくできても
リフティングが何回もできたとしても
プレッシャーのかかるゲーム中に発揮できなければ意味がありません。


寒くて雨の水曜日の低学年でのゲーム中

ある選手がコーンドリブルの形で
若干不自然なところはありましたが
実にスムースにドリブルで4人抜いて、フィニッシュまでいきました。


思いっきり褒めましたが
本人もすごく気持ちよかったと思います。


子供は大人の想像を超えるプレーをします。

変な固定概念をいとも簡単に打ち破ってくれます。

スクールのレッスンはコーチにとってもで新たな発見ができる場所です。


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール
} catch(err) {}