横浜国際 木曜日 戦う気持ち

■低学年
自分の前にちょっとでもうまい選手や
体の大きい選手がいたら
びびってしまって取りに行かない選手や
あきらめて取りに行かない選手がいます。

試合の時も簡単にあきらめてしまうんでしょうか?

そんなことであきらめてしまう選手のいるチームは
試合に勝てるんでしょうか?

一人で抜かれちゃうなら
二人で行けばいいですし
抜かれても、追いかけて、取り返してやろうと思ってください。

いくらゴールを奪えても
ゴールを取られたら負けます。

ボールを取り返す意識を上げてほしいと思います。

ボールを失った瞬間が、ボールを取り返す一番のチャンス。
そこで頑張れれば、より高い位置で取り返せて
ゴールが近づくはずです。

びびったり、あきらめたりしない。

がんばりましょう!

横浜国際 木曜日 どうしたら上手くなるかの答え

どんな選手にもいいところはあります。

サッカーは足でやるスポーツなので
ボールを足でコントロールできないと始まりません。
ある程度、自分の思ったとおりに
ボールをコントロールできる最低限の技術は必要です。

どうしたら上手くなるのか?

コーチに聞いてくる選手がいますが

答えは「自分で考えてくれ」です。

何ができていて、何ができていないのか?
何をすれば、ゲームで活躍できるのか?
何をすれば、チームに貢献できるのか?
どうすれば、シュートが打てるのか?
どうしたら、パスが回ってくるのか?
どうしたら、ボールにたくさん絡めるのか?

チームでレギュラーで出れない選手は
レギュラーの選手と比べて何かが足りないのです。

何か上手くいかないことが起きたときに
自分で考えて、解決していくことも積み重ねて欲しいと思います。

何ができていないのか?
気づくためのきっかけはゲームの中にたくさんあると思います。

もちろん、誰かに言われて気づくこともあります。
でも、気づいたことに納得するかしないかは本人次第です。

そして、やれることからどんどんはじめて欲しいと思います。
すぐにはできるようになりません。
ボールをたくさん継続して触るしかないんです。

がんばっていきましょう!


月曜日 青葉 ただやるだけから抜け出せ

梅雨が近づいてきました。
湿度高いと汗をかきます。
水分を沢山持ってきてください。


■高学年

コーンドリブルが終わった後
ゲームしか行わないスクールです。

チーム分けをされて
ひたすらゲームを繰り返すわけですが
ゴールを決めるために
ゴールを決められないために
一人ひとりがチームの一員として何ができるのか?

マークしている選手が
1vs1がうまくてボールが入って前をむかれてから寄せたら
ドリブルでかわされてしまうのなら
次はボールが入る瞬間に前をむかれる前に寄せて
絶対に前を向かせないようにしよう。とか

こういうディフェンスをされたら
今度は攻撃側がパスをワンタッチで離して
次の動きをしてみよう。とか

そしたら、ディフェンスがまた考えなくちゃいけなくなる。

ただ、ゲームしているだけでなく
失敗したら、次失敗しないようにどうしようか?考える。
そして、とにかくやってみる。
それがダメだったら、次を考える。
そして、やってみる。

そういうことの繰り返しでしかないと思います。

どういうときにゴールがとれているのか?
どこがチャンスなのか?
どういうときにゴールをとられているのか?
どこをやられるとピンチなのか?

多くのトライ&エラーを繰り返して欲しいと思います。

がんばりましょう。

バディ トレイナール サッカースクール

} catch(err) {}