金曜日 青葉 雨降りから

なかなか、太陽が見えないですね。


■低学年
曇りからの土砂降り。
風邪ひかないように。


周りを見ておくこと。
ボールを受けたら、なんでもかんでも
前を向いて、前進しようとする選手がいます。

ボールはひとつしかなくて
みんなボールを狙っています。

フリーで受けれるのか?
背負っているのか?

見てなければ判断できませんよね。

ドリブルでいけるのか?
ドリブルでいけないのか?

抜けると思って仕掛けるのと
何も考えずに突っ込むのは違います。

シュートがゴールに入るのか?
シュートが打てるだけなのか?

人が前に立っているのに
シュートが打てるだけでシュートを打つ選手がいます。

入るというイメージはありますか?

上記すべて、見ることができれば
判断することができます。

見ておくこと。
やれることが増えてきたので
より重要になります。


■高学年
雨が降った後でしたので少な目でした。

今、自分がやれることで成功することを選択する。

左サイドに立っていてパスが来ました。
ボールを受けて前を向いて、相手に寄せられて
ボールを取られてしまう選手。

ドリブルで突破が出来るようになりたいからといって
10回やって10回とられるのなら
ナイスチャレンジではありません。

サッカーは瞬間、瞬間で
判断を求められ、いい選択をして
チームでボールをゴールに近づけて
チームでボールをゴールにいれるスポーツ。

いい判断って何でしょうか?

自分が出来ることで
成功するプレーはありませんか?

左サイドにパスが来ます。
ダイレクトでパスをくれた選手に返します。
まずは、成功するプレーを増やしてほしいと思います。

パスを出したら、ボールを取られることが分かってしまうと
当然なんですがパスを出しても取られるわけですから
パスが自分のところに来なくなりますよ。

がんばりましょう!


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール

水曜日 青葉 上手い選手に追いつくためには・・・

■全学年
スクールに週1来ている選手。
コーンドリブルを30分やったとします。
月4週、12ヶ月やったとして
30分×4週×12ヶ月=24時間。
1年間でたった1日です。
上手くなると思いますか?

低学年、アップとしてのリフティング10分。
月4週、12ヶ月やったとして
10分×4週×12ヶ月=8時間。

できるようになった選手の中には
リフティングをやり続けれる選手もいるでしょうから
へたすると8時間くらい2~3日くらいでやるでしょう。

もちろん上記スクールの練習を真剣に取り組めば
できるようになる選手もいます。
でも、できるようになっていないのならやるしかないですよね。
リフティングなんて、真剣に3時間くらいやり続ければ
1日で20回くらいできるようになると思います。

できるようにならない選手は
おそらく、集中してボールを1時間
リフティングし続けることができないと思います。

うまくなるためにやることは
ただただ、ボールを触ることです。
しかも集中して真剣にです。

自主練習もしてるんですけど、どうやったら上手くなりますか?

この質問の答えはどうもこうもなく
今やっている練習量じゃ足りないので
もっとボールに触れてください。
これ以外にありません。

自主練習を毎日1時間やっても
リフティングができるようにならないのなら
残念ですが、もう10分でも20分でもプラスするしかないと思います。
そして、毎日継続してやることです。

はっきり言ってしまえは
毎日、1時間リフティングだけでも集中して練習できる選手は
おそらく1週間くらいでリフティングはできるようになると思います。

ボールを触った分しか上手くなりません。
できないのなら、ボールに触れる時間を増やすことです。

毎日10分コーンドリブルをしてみてください。
10分×365日=3650分=60時間
おそらく、週1でスクールに来るより技術的には確実に上手くなります。
この10分をどうつくり、どう継続できるか?
(もちろん、10分じゃなくても構いません。)
ここが、上手くなるか、上手くならないかの差だと思います。

じゃあ、なんでスクールにいくのか?

サッカーは一人でやるスポーツではありません。
味方がいて、相手がいます。
その技術をどう使うか、どう活かすかは
ゲームをする中でしか上手くなりません。
使い方を向上させるにはゲームをするしかないと思います。

できる選手はゲームでボールに絡めて
ボールを多く触れて、簡単に失いませんから
ゲーム中でもどんどん差がついていきます。

その上手い選手は現時点でおそらくあなたよりはるかに練習しています。
その上手い選手に追いつこうと思うのなら
その上手い選手と一緒にサッカーをしたいのなら
その上手い選手の倍、3倍練習するしかないのです。

時間がない。
そんなわけないと思います。
まずは10分でいいです。毎日やってみてください。

うまくなったら、もっともっとサッカーは楽しくなります。


バディ トレイナール サッカースクール

水曜日 青葉 やるか、やらないか?

夜は涼しくなってきましたかね。


■低学年
まだ、みんな自分のことだけで精一杯です。
であれば、もっと練習して、自分の思うとおりに
ボールを動かせるようになって欲しいと思います。

がちゃがちゃしちゃうのはしょうがないです。
パスも思うとおりに蹴れないとなると
自分で行くのが一番いい選択肢。

だとすれば、最低でも、ボールをとられないように動かせるようにすること。
もっと、もっと練習するしかないと思います。

もう少し簡単にやる方法は徐々に入れていきます。


■中学年
やれてる風なだけだというのが
2回目と最後のゲームで分かったと思います。

普通は、パスを受けるときにプレッシャーがかからないことはありません。

ちょっとプレッシャーがかかれば
まだまだ、簡単なミスが頻発します。

厳しいところで受けれるようになるには
厳しいところでボールを受ける回数を増やしていかなくてはいけません。
そのためには、プレスをきちんとかけてあげることです。

ボールを受ける相手を予測してきちんと寄せてあげることです。
自分たちのディフェンスが、自分たちのオフェンスの能力を高めます。

がんばりましょう!


■高学年
ボールを取りに行く。
相手の持っているボールに足を出す。
抜かれたっていいんです。

ボールをとろうと思って足を出した。
でもかわされて取れなかった。
それだけのことです。

ボールを取りにいかないよりぜんぜんプラスです。

取れなかったならいいですが
取りにいかなかったや、足を出さなかった。
走って戻らなかったがダメなんです。

ぜひ、やって欲しいと思います。
どういう風に抜かれているのか?
どう足を出したら、相手はどう仕掛けてくるのか?

どうしたら、どうなるのか?
この積み重ねが経験です。

せっかく、本気で仕掛けてきてくれるんだから
本気で立ち向かって欲しいと思います。

逆に考えれば
どうしたら、とられないようにボールを運べるのか?
になります。

やるか、やらないか?
是非やってほしいと思います。

がんばりましょう!


バディ トレイナール 青葉 サッカースクール